よる記。

yorupe.exblog.jp

管理人

ブログトップ

亀田興毅 VS フアン・ランダエタ

c0071040_222512.jpg

見ましたか、今日の世界戦。
なにげに、視聴率が気になります。
つか、間違いなく、40%は超えてるでしょう??
瞬間最高視聴率なんて、すごいんじゃないでしょうか。


とまぁ、これぐらいにして本題にいきますか。



さてさて、どうでしたか今日の試合。
1R、終了間際の亀田のダウンには「やってくれた感」で感無量になりました。
思わず、「ごちそうさまでした。」と言って自分の部屋にそそくさと帰りましたから。

次のラウンドでは、パッと見ダメージがあるようには見えなかったですが、きっと足にきてたんだと思います。
ランダエタの表情を見ていても、それを感じました。
明らかに、亀田も踏み込んだパンチを打ててなかったですし。

やっぱ世界戦は怖いですねぇ。



さて。
見ていた誰もが驚いた(?)判定の結果はいかがでしたでしょうか。
「誰もが驚いた」かどうかは分かりませんが、私は驚きました。

11R、12Rの亀田は、明らかにダウン寸前のように見えましたし。



ランダエタは、これまでの経験をうまく生かしてましたね。
ペース配分が上手ですし、パンチの緩急や、相手との距離のとり方も巧みでした。
さすが、ベネズエラ。
いや、ベネズエラは関係ないズエラ。

‥寒い。



亀田のよかったところは、負けない気持ちと、驚異的なスタミナでした。
あれで上手にスタミナ配分していけたら、もっといいボクシングができるのではないでしょうか。
恐らく、9Rぐらいまでは全快で打ってたんじゃないでしょうか。
見た感じでは、10R中盤にガス欠になってたと思います。



判定の結果は、私には「良い」「悪い」は判断できません。
3人のジャッジにより、採点の仕方は様々でしょうから。

ただ、あくまで私の中での判断の仕方は、純粋にどちらがボクサーとして強いのかという事。
最終Rが終った時点で、亀田に次のラウンドを戦う力は無く、ランダエタにはありました。
「12R」という両者同意の決められたルールの中で力を出し合うのなら、やはり最後までKOできる可能性の高かったランダエタに、私は軍配を上げます。

しかしあくまでこれは、ボクシングのルールを無視した考えですから。



今回のWBAが定めたジャッジ3名が下した決断は、正しかったのだと思います。
初回こそダウンはしましたが、諦めることなく父親にベルトを巻く姿を想像しつづけた亀田選手の渾身の勝利です。

彼が11R、12Rに見せたあのクリンチに胸が熱くなりました。
もはや己のプライドなどどうでもよく、幼き頃の「夢」を最後まで掴もうとした亀田選手に拍手。
新チャンピオンをコールされた瞬間のあの涙は、純粋でとても熱かったです。




c0071040_23183150.jpg

よかったね亀田選手。
周りがなにを言おうと、あなたの家族は守ってくれるし、あなたも家族を守るだろうし。
次回の防衛戦は、あなたらしい「ぶっちぎりの勝利」を見せてくれることだろうと思います。

今日はほんとうにお疲れ様でした。
感謝。







追伸。





c0071040_2319114.jpg

これはあなたも悪いです。(笑
[PR]
by yorupe | 2006-08-02 23:19 | Θ 格闘技