よる記。

yorupe.exblog.jp

管理人

ブログトップ

<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

たこ焼き。

c0071040_19544970.jpg

郡山市小泉町 もってかえっ亭
ネギマヨ ¥525


とりあえず、自分の中ではキングです、ええ。
ほかにも、カレー、明太子、ポン酢、だし、などバリエーション多数あり。
[PR]
by yorupe | 2006-02-28 19:54 | Θ 食

こどもの日の予定。

c0071040_9422619.jpg


PRIDE無差別級グランプリ2006 開幕戦

日 時: 2006年5月5日(祝・金) 開場15:00 開始17:00(予定)
会 場: 大阪ドーム

入場料: 全席指定・消費税込
VIP(ビップ) 100,000円
RRS(ロイヤルリングサイド) 30,000円
スタンドS 17,000円
スタンドA 7,000円



久々の大阪ドームなんで観て来ます。
上司、一緒にどうですか。(笑


追伸。
高坂選手おめでとう。 5月5日はお会いできるよう祈ってます。南無‥。
[PR]
by yorupe | 2006-02-27 09:48 | Θ 格闘技

よる記・自伝 【弐】

ばぁちゃん。
おかんのおかん。
ばぁちゃん、‥当時いくつぐらいだったのだろう。 70ぐらいかなぁ。

そのばぁちゃんと同居していたのは、おかんの姉。
この姉は6人姉妹の上から3つめ。 三女。
(ちなみにおかんは私と同じ、末っ子。 つまり六女。)

おかんの姉。名前はミエコさん。
私は今もそうですがこの人のことを めぇこねぇ と呼ぶ。 無論、当時から。

伯母はバツイチ。
旦那さんとは死別と聞いています。

伯母にはうちの長男と同じ歳の男の子が一人いました。
旦那さんは子供が生まれてすぐに亡くなったらしい。
今でもそうですが、詳しいことは知りません。 聞かなくてもいい事ですから。
旦那さんの死後、産まれたばかりの子供と共に実家に帰り、母(ばぁちゃん)と同居。

これだけしか知りません。 十分でしょ。


――さて。
この一家に向けおとんが放った育児ミサイル。 まぁ私ですね。(笑

この時のばぁちゃんと伯母の心境は正直どうだったんでしょう。
あまりにも理不尽な砲撃。 あて逃げ、ピンポンダッシュのたぐいですか。


皆さんの幼少の頃の記憶はいくつの頃からのものでしょう。
わかりやすく言えば「最初の記憶」は何歳の頃のものですか。

私の「最初の記憶」は、3歳ぐらいの頃。 伯母の家での日曜日。
台所でサンドイッチを作る伯母のとなりで、それをパクパク食べている記憶です。

当時、伯母は早朝から「水道局の掃除」のパートへいき、それが終わると家での内職。
毎日毎日、サンダルをつくっていたのを記憶しております。
が、日曜日はパートが休み。
この日だけは朝早くから、サンドイッチやホットドッグをよく作ってくれていました。

伯母はほんとうに優しい人でして、わが子と同じように私に接してくれていました。
ばぁちゃんは少し厳しい人だったかもしれませんが、亡くなるその瞬間までほんとうに私の事を心配してくれており、私はそんなばぁちゃんが今も昔も変わることなく大好きです。

幼少期。
この一家のもとで私は生後2ヶ月から7歳までの7年間をすごしました。



記憶している事。



――苺。

よく伯母は風呂上りに苺を食べさせてくれました。
透明のパックにはいった苺。 それを伯母が均等に4人分に分け配ります。

が、私は苺が猛烈大好きっ子。
「この中でだれが一番イチゴが好きやねんやろぅ。」
自分の立場もわきまえずこんな事を平気で言う当時の私。
「たぶん‥ ぼく。 だからやっぱり一番多く食べるべきやんなぁ。」
関西版のび太のようなへりくつで苺要求。 ほんと殺されてても文句いえませんよねぇ。

が、こんなバカな事を言ってもぜんぜん笑ってもらえるあったかい家庭でした。
余談ですが、先日5歳の娘にこれと恐ろしく酷似したセリフをあびせられました。
その瞬間、私の脳裏に過去のこの映像がフラッシュバックしておりました。 恐るべしDNA。



――息子の名前。

伯母の息子。
名前は昌也(まさや)。

伯母はとなり町にある、地元ではそこそこ有名な由緒正しき神社の神主のじいさんと大変仲がよく、お互いの家によく遊びにいってはお茶でもすすりながら世間話や人生相談など様々な話を毎度毎度しておりました。

(当時 : 伯母の息子16歳 私6歳)

そんなある日、伯母の家に遊びにきていた神主のじいさんとのいつもの会話の中で、伯母がこのじいさんになにげなく言いました。

「うちのマーくん(息子)はホンマなにやらしてもどんくさいわぁ。」
私も心の中で「あいつはホンマにどんくさい。」と相づちをうっておりました。(笑

が、伯母のこの何気ない発言で事態は思わぬ方向に。
神主のじいさんはおもむろにカバンの中をゴソゴソしだし、取り出したものは半紙と筆ペン。
そして短く一言。

「‥もう改名しまひょ。」

この発言を隣の部屋で私と共に聞いていた息子は、パーフェクトな「うそー!?」の表情で居間のほうに振り返り、その時みせた首の旋回動作は、スピード、キレ、タイミングともに完璧。
どこにだしても恥ずかしくないアホ面で、見事9.88の自己最高得点をたたきだしました。

この居間の隣の部屋はというと、伯母のいわゆる「内職部屋」であり、サンダルのパーツやそれらを作るのに使用する「足底型」の機械類などで散乱としておりました。

息子はしばらく放心状態におちいり、いつもより長く、そしていつもより大きく口をフルオープンさせること数十秒。 その姿はまさにマーライオン。 口にお湯でもいれましょうか。

しばらくし耳をすましてみると、伯母と共に真剣に名前を考え議論する神主の声が居間から内職部屋に漏れ出しており、息子もそれに気づいたのか慌てふためいている状態。

さすがに私も、
「マーくん、これやばいんちゃうん?変えられるよ名前!」とおもしろがる始末。

さすがに焦った息子は、
「いや、ちょ、ホンマやんけ! うわ、やばいやばいやばい!」
かなり動揺しておられました。
小走りで部屋から出て行こうとする息子の背中に私は、「ズボン後ろ前反対。」とそっとささやく。

「ちょっと、お、おかぁちゃん!」
言ったと同時にドアの横に置いてあった「接着ノリ」の一斗缶にけつまずき、そのまま一斗缶とともにゆっくりと私の視界から「サンダル・できあがり」と伯母の字で大きくマジックで書かれたダンボール箱の中に消えていきました。

皆の視線を独り占めにした、アクションスター。
ダンボール箱から出てきたその姿は‥

糊まみれ。 

ドロヌーバーのようでした。


神主のじいさんは筆ペンを持ち、無言で半紙に
「昌則 (まさのり) 」とだけ書き残し、帰っていきました。

昌也 改め 昌則。
糊を頭からかぶった直後の改名でした。 いまだ語り継がれる実話です。(笑




――先日。

伯母が私の家に遊びにこられました。
珈琲を飲みながら私の子供の頃の話などをして頂きました。

帰り際の言葉。

「めぇこねぇとこのおとうさん(旦那)なぁ、あれホンマは死別やなくて離婚やねん」

「いちいち言わんでええよ(笑」 それだけ言って見送りました。

知ってるよおばちゃん。
仏壇にはばぁちゃんとじぃちゃんの写真しかなかったやん。
それでも気になってたんやね。 感謝。






**************************************

子供時代の話でした。
今回はこれにて。
未定ですが次回につづく。

つか、やっぱどうなんよこれ。
[PR]
by yorupe | 2006-02-25 23:55 | Θ 自伝

香芝市 解放倉庫。

c0071040_1302427.jpg

黄金戦士 Gライタン(¥35000)

懐かしの超合金。
ガキのころ、おもちゃ箱に5、6個あったのになぁ。無念。
[PR]
by yorupe | 2006-02-24 13:00 | Θ 何気ない日々

よる記・自伝 【壱】

ネトname、Yoru。
本名、 ‥よる。 (どないやねん)


昭和52年2月。
当時飲食店(スナック)を経営する両親のもとに生をうける。
♂ばかり三人兄弟の三番目。 末っ子イェーイ。

家族構成。
父(59)
母(57)
長男(39)+嫁+子供×4
次男(36)+子供×1+(嫁×0)
私(29)+嫁+子供×2


生後2ヶ月でこの家族から離脱。 まぁ選択権はありませんでしたが。 バーブー。


――よる誕生からさかのぼること1年。

当時、両親はうどん屋(大衆食堂)を営んでいたらしく、経営状態はと言うと‥
超赤字。 当然我が家は貧乏ヒマなし。 だったらしい。


おとん後日談 : おとんうどん嫌いやねん。
           ↑ アホですわ。


当時このうどん屋は店舗を貸りて営業しており、その周辺には7、8件の飲食店が横一列に立ち並んでおりました。

スナック、スナック、スナック、居酒屋、スナック、うどん屋、スナック、居酒屋


おとん後日談 : 場所は大事。
           ↑ わかっとんねやんけ。


こんな場違いな感じで営業しつづけ大赤字。
当時、家賃1500円というサプライズ価格の市営住宅で一家4人細々と暮らす。

おとん29歳、おかん26歳、長男9歳、次男6歳。

が、しかし。
金はなくともおかん26歳。 おとん中田氏→Yoru汁注入。
ええ、できるかぎりオブラートに包んでみました。

私が産まれるということが判明し、「さすがにこれはあかん」てことであり金ぜーんぶつぎこんで店舗リフォーム。

スナック始めました。

‥はなっからやろうね、おとん。


おとん後日談 : やっぱスナックやで!


当時この周辺の飲み屋はというと、どこもかしこも、いわゆる「怖いおにぃさん」だらけだったらしく、気の弱いおっちゃん連中はあまり安心して酔えなかったらしい。
当然、このぷちスナック街も例外ではなく、まさにそんな状態。

そんなことを知ってか知らずか、うちのおとんはうーどんからスナッカーに転向。
もちろんそんな呼び名はありません。 あしからず。

連日に及ぶ怖いおにぃさんのご来店。
その脅威をどうやって切り抜けたのかは今だ我が家の謎である。




このスナックは私が22歳の時に閉店。
最後までおとんの店の入り口には「暴○団お断りのお店」と書かれたでかい看板が立てられておりました。

と、そんなスナックでした。


そんな両親の元へ生れ落ちた赤子の私。
が当時、この「お断り」看板効果で、ミラクルフィーバーの連日大入り。

c0071040_037934.jpg

金に縁のなかった男のもとへ連日聖徳太子がムハァ-と降臨。

1970年代。 時代は高度成長期。
店は大繁盛。 猫の手も借りたい状況。
無論、おかんの存在はこのスナックにとって‥ と言うよりおとんにとってあまりにも大きく(笑)、もう彼にとって育児なんてもってのほか。
ほんと勘弁してください という状態だったのでしょう。

苦悩するおとん。
悩む。悩む。また悩む。
逃避。逃避。現実逃避。
でてない、でてない、おかんのお腹。
気のせい、気のせい、わかりません。

そしておとんのだした結論が‥

育児ミサイル。


「対象確認。標的ロックオン! カウントはいります。 3 ・ 2 ・ 1 ・ GOぉぉ!」

バシューーーーーーーーーーーーーーーーーン
DOOOOUUUUUUUUUUNN!!!!!!!!!!!!

命中。
おかんのおかん。つまりおばぁに直撃。


――こうして私は生後2ヶ月で家族から離脱。7歳までおばぁさまと暮らす事に。



よる記・自伝。今回はこのへんで。
次回未定(笑

つづく。
つか、どうなんよこれ。
[PR]
by yorupe | 2006-02-24 01:16 | Θ 自伝

山本KID。

山本KID徳郁。 神の子。


21日、日本修斗協会の発表記事

全KILLER BEE所属選手に対し無期限出場停止処分。
山本KIDにおいては、+全公式戦会場(修斗)への立ち入り禁止処分。



c0071040_223132100.jpg

発端は、先日(2/17)の修斗・代々木大会。
同ジム(KILLER BEE)所属選手<菊地 昭>の応援にかけつけた際の騒動。

試合後、リングドクターによる菊池へのドクターチェックの際、KIDがリングドクターに対し、暴言及び暴行行為を行ったと修斗サイドからの発表。

ちなみに菊池選手の試合内容は‥
以下の通り。
X-SHOOTOからまるっぽコピー。 グヒヒ。)


あ、興味ない人はこれ以上みないように。 一応忠告。


******************************************************

2/17 修斗・代々木大会
第8試合 菊地 昭 vs 青木真也

1R
青木、いきなりかかと落し風の蹴りを見せる。
菊地のパンチにタックルで組みつく青木。
青木、腕を固めながら投げを放つが、菊地は離れる。
青木、ハイキックを見せる。菊地はどっしり構えてあまり手を出さない。
組んだ両者、青木が膝蹴りを顔面に当てる。離れる。
再び組んだ両者、青木が足をかけてテイクダウンし、そのままマウントを奪う。残り2分。
青木、細かくパンチ。たまに体を起こして強いパンチを落とす。
青木が体をずらしたところ、菊地は体を起こして組んだまま立ち上がる。菊地がコーナーに押し込む。
青木が首相撲から膝を狙うところ、菊地も顔面にパンチを返す。組んだ状態で1R終了。青木のラウンドか。

2R
菊地がパンチを狙うところ、青木がタックルで組みつく。ロープ際で組んだ両者、菊地がスタンドのままバックに回り込む。
場外に出そうになるところ、菊地はバックから太股に膝を入れる。菊地の目尻が切れたか、ドクターチェック。菊地のバックから再開。
菊地、バックから引き込んでグランドに。青木のガードになる。
菊地はハーフ狙い。ハーフで固め、パス。残り2分。
菊地、上から顔面にパンチを落とす。
青木、下から突きはなしてガードに戻しながら三角を狙うが、菊地は頭を抜く。
青木、下からさらに三角を狙うところ、菊地は嫌って離れる。
菊地が青木のガードに入ってパンチ狙い、青木は下から十字を狙ったところで2R終了。菊地のラウンドか。

3R
両者相手を見る展開。菊地がパンチで突っ込んだところ、青木がかわしてバックに回り込む。2Rとは逆の展開。
青木が背中に飛びのって足をフック。さらにバックからパンチを入れる。
菊地、鼻から激しく出血。ドクターチェック。バックから再開。残り2分半。
青木がバックを取ったままグランドへ。青木はバックをキープ。
青木、パンチを入れながらスリーパー狙い。菊地も細かくパンチを返す。残り1分。
菊地、体を起こして前に落とそうと試みる。菊地、立ち上がる。菊地の出血が激しく、再びドクターチェック。バックから再開。
青木がバックからパンチを入れるところで試合終了。青木のラウンドか。

○青木[判定 3-0]*29-28,29-27,29-28


******************************************************


チームメイト=ファミリー。 KIDの理論。
そのファミリーの敗北。
かつKID自身が認める寝技のスペシャリスト。菊池昭。
雑誌で何度か見たKIDの寝技に対するコメント。

「菊池と(寝技)してたらなんも問題ない。」


そんな菊池が負けてイライラしてたんでしょう。

リングDr : 「じぶん鼻大丈夫かぁ!? いや、ちょ、みせてみせて。」

どーせこんな感じでドクターが菊池の鼻をプニプニしてたんでしょう。
と、↑これは私のいけない想像。

いやまぁ‥ 穏便に。

22日発表の最新記事はこちら



リングドクターは「足があたっただけ」と話している。
なるほど。

うんいやまぁ、なにとぞなにとぞ穏便に。(正座



******************************************************

<おまけ>

▼第9試合 川尻達也 vs ヨアキム・ハンセン
1R
川尻が間合いを詰めてボディパンチを放つが、それに合わせたハンセンのローキックがもろに金的に入る。悶絶して倒れる川尻。ドクターチェック。なかなか立ち上がれない川尻。
椅子に座るも、川尻は顔をしかめてうつむいたまま。
かなり様子を見て、川尻本人は続行を望むが、ドクターが再開を認めずに試合終了。

○川尻[1R0分08秒 反則失格]

X-SHOOTOのコメント:
▼川尻選手は号泣していました。試合が中止になる前から、観客席からは無理するなとの声が上がっていました。 (22:16:16)

******************************************************

川尻VSハンセン。 川尻まじくやしかったんだろなぁ‥。 うぅ、ちょーみたい。(T_T)
つか、PRIDEで「ハンセンVS五味」を激しく希望。 がんばれ武士道

【 よる記は格闘技を支援します。( ´,_ゝ`) 】
[PR]
by yorupe | 2006-02-23 22:26 | Θ 格闘技

老人力。

今週は仕事にカイロにと多忙な日々により更新できませんでした。
まぁ少しでも「濃い一日」を過ごしたいという自身の希望だったので満足かなと。


職業、葬儀屋。
先週から皆さん死にまくってます。
それにより疲労こんぱい。‥漢字はわかりません。

今日は夕方6時前に帰宅。
夕食後、疲れからかついさっきまでコタツで寝ておりました。

テレビの音がやたらうるさかった。
うざいなぁ‥ と思っていたら、、 テレビから こんな音声が。

それは司会者の中年男性の声と、回答者の老人どもの声。

------------------------------------------------------------------------


 『駅伝の選手が次の選手へレースを引き継ぐ際、手渡すものは?』

 《ピンポーン》
 【○△※□××~?】

 《ブブー》

 《ピンポーン》
 【△×□○■※○○~?】

 《ブブー》


 『‥はい、ヒントは背負っているものですよ~(汗』

 《ピンポーン》
 【みんなの期待!】

 《ブブー》


 《ピンポーン》
 【あいつの固体!】

 《ブブー》


 《ピンポーン》
 【やたらと固い!?】

 《ブブー》

------------------------------------------------------------------------

みぞおち。
寝ながら吹きだしてしまった。

「こんなもんきたないやんけっ!!」
心の叫びでした。

「三人目のやつはあきらかに悪意にみちあふれとるぞっ!」
寝起きで嫁に言っておりました。

「てゆーか、このボケあいつの固体って‥だんやでんっ!」
不覚にも老人に笑かされたという事実に対するささやかな抵抗。 逆ギレ:対象ランダム。

えっと、‥もっかい寝ます。
[PR]
by yorupe | 2006-02-19 20:27 | Θ 何気ない日々

踊。

今日は地元で『高田御坊まつり』というイベントがありました。

で、うちの長女(5歳)が通っているダンススクールのメンツもそのイベントで踊るとか。
‥仕事休みたかったなぁ。 みたいな。

さきほど帰宅し、嫁にビデオ見せてもらいました。
楽しそうに踊ってらしたのでよかったです、ええ。

お疲れ娘。

つか上司。
社長就任のあかつきには、ぜひ『子供休み』を導入してください。(超土下座


さーて、明日も早いし‥ 風呂はいって鬼武者でもするかなっと。です。ばいばい。


!!DANGER!! ←※怖いです。クリックしないで下さい。
[PR]
by yorupe | 2006-02-11 22:05 | Θ 何気ない日々

引越し。

ここ2,3日、家の模様がえに専念してました。

物置にしてた6畳間をかたずけ子供部屋に。
うちの子も自分の部屋がほしいお年頃らしいです。

c0071040_2244447.jpg

とゆ~ことでPCもとなりの部屋にお引越し。 座用になりました。
[PR]
by yorupe | 2006-02-10 22:49 | Θ 何気ない日々

IKUHISA MINOWA (made in JAPAN)

おめでとう。

‥いや、美濃輪がね。(笑

この度、イギリスの総合格闘技イベント「CAGE RAGE15」に初参戦。
c0071040_2236205.jpg

対戦相手:デイブ・レゲノ選手。(188cm/102kg)
つか、歳が気になる。 ‥AGE:42歳。

今回がデビュー2戦目との事。
ちなみにデビュー戦は昨年の12月。結果は【1R 4分07秒KO負け(腕十字)】

本業は俳優&ミュージシャンという金子賢もどき。 ‥42歳。
元々ボクシングの経験はあるみたいで、20代の頃イギリスのクラブなどで用心棒してたとか。


c0071040_22512944.jpg

とまぁこんな感じの選手と対戦。

そして結果は冒頭でも言ったように、おめでとう美濃輪。
【1R2分弱 アキレス腱固め】 見事な一本勝ちとの事。

いやぁ、めでたしめでたし。  ‥42歳ゴニョゴニョ。
[PR]
by yorupe | 2006-02-05 22:58 | Θ 格闘技