よる記。

yorupe.exblog.jp

管理人

ブログトップ

<   2007年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

敬意

今月の3月26日に娘の卒園式がありましたが、その後もいつもと変わることなくうちの子供達は今日の日までいつもの保育園にいつもの様にお世話になっておりました
卒園しても今月いっぱいは子供達を保育園でみてもらえるんですね
子供達が通っている保育園は小さなところなので、年少クラス(生後半年~)から年長クラス(6歳)まで全員足しても50数名しかおりません
うちの保育園は年齢順で5クラスあり、娘のクラスは全員で11名でした
そして卒園式後はたった3名になり、少しかわいそうかな‥と心配していたのですが、いやいやそんな父親の心配をよそに「先生とたっぷり遊べる」という理由で喜んでおりました



昨日の夕方、私が仕事から帰宅すると「田中先生、明日で保育所に来るの最後やねんて、、」と淋しそうに娘が私に言いました
詳しい話を嫁に聞いたところ、今月いっぱいで保育園を去るという
理由までは分かりませんが


すこし話がそれますね



田中先生
20代の女性の先生であり、とても真面目で「ダメなことはダメ」とはっきり言える先生
容姿は背が高くとても清楚な感じの方で、彼氏は警察官とのこと
教育熱心で信頼できる先生です


で、この先生
3ヶ月ほど前に保護者との間で園児への指導の仕方についてトラブルがありました
わかり易く言うと、体罰ですね
といっても、べつに殴る蹴るしたわけではなく、何度注意しても言う事を聞かないクラスでも比較的活発な園児の口に「おしゃべり禁止」という意味で小さなビニールテープを貼ったという
この事を園児が家に帰り母親に言ったところ、次の日の朝、母親がものすごい勢いで職員室に抗議に来たという
とりあえずその場は園長先生が謝罪し、その母親にはなんとか帰ってもらったらしいが‥
ここからが恐ろしい。
その話を聞いたほかの保護者達が自分の子供に「あんたもそんなんされたことあるんか!?」と問いただしところ、僕も私もという園児達がぞろぞろ出現しだし全クラス巻き込んでの大騒動に発展しました
先生方は連日職員会議やら保護者への説明会やらで、どの先生方の顔も私の目にはとてもやりきれない表情に映っておりました
私も人間相手の仕事をしているので、先生方の気持ちは痛いほどわかります
もちろん、同じ親として保護者の方の気持ちも十分にわかります
しかし、園の先生方に「対等の土俵」で話し合いをさせない保護者達に私はどうしても賛同などできませんでした
園児、保護者=「客」という表現でしか物を言えない親達はとても愚かに見えましたし、私はそんな「糞」にはなりたくない
問題から1ヵ月後
最終的に、計2名の園児の口にテープを貼ったらしく、その件について園が保護者会を開き担任の先生が保護者に謝罪しようやく決着がつきました
卒園前になんとも後味の悪い事になり、担任の先生も内心はひどく落ち込んでいた事だと思います

私はこの件について、ひどく後悔しておりました
抗議していた保護者は全て女性の方だったので、男性である私が口を挟むのは平等ではないと思いこの問題には参加しませんでした
ただ、嫁には常に私の意見、考えは伝えていたつもりです
幸い嫁も私と同じ考えで、嫁と嫁の保護者友達が先生方のフォローをしていたようでそれだけが唯一の救いと言えば救いです


昨日の夕方、娘にその先生が明日で園を去ると聞き、深夜私は先生に一通の感謝の手紙を書きました
娘がとても大好きだった先生でしたし、なによりつまらい事で自信を失ってほしくなかった
娘は家でもよく田中先生の話を嬉しそうにしていました
先生とこんな事した、あんな事した
先生にあんなこんなで怒られた、こんなこんなで誉められた
様々な話をよく聞かせてくれました
ほんとうに娘にとって楽しい保育園だったと思っております
だから私は娘の先生に対し、感謝の気持ちでいっぱいです


私なんかの言葉が少しでも彼女の励みになってくれれば幸いだと思い、昨夜は慣れない手紙を書いておりました
これからも先生には胸を張って仕事をしてほしいです
人なんて十人十色、千差万別
自分を信じて行動すれば、否定する人がいても肯定してくれる人が必ずいてくれると思う

がんばれ田中先生
つか、名指しかよ (笑










何事もやりがいのない仕事はつまらないと思います
人は皆、人生の大半の時間を仕事に費やします
仕事がつまらないと思う人はとてもかわいそうな人であり、楽しいと思える人はそれだけで十分幸せな人だと私は思う






金なんてなくたっていい
私は常に後者でありたい。
[PR]
by yorupe | 2007-03-31 21:17 | Θ 何気ない日々

大日本人

c0071040_20125295.jpg
監督 松本人志 「 大日本人 」
(6月2日より全国松竹系にて上映)


はやく見たいです
以前見た彼の作品で「頭頭(とうず)」という作品がありました
あれは正直、お世辞にも「おもしろい作品」「いい作品」とは思えませんでした
今回は、前回のようなアーティスティック?な表現はしていないそうなので本当に楽しみです


松本人志が撮る映画
その名も「大日本人」
彼曰く、「変身ものではない、ヒーローもの。」だそうです (笑
タイトルから連想すると、松本人志の理想のヒーロー像(おっとこまえ像)を描いているのかな

最近は見たいと思う映画を必ず映画館で見ております
はい、もちろんひとりで
自宅から車で3分ほどの場所に映画館があるからけっこう便利です
[PR]
by yorupe | 2007-03-30 20:32 | Θ 映画・DVD

さんすう

c0071040_211436.jpg

娘が四月から一年生ということで、お金を使ってさんすうの勉強
彼女にとって、五円玉、五十円玉、五百円玉が天敵のようです
子供にものを教えるのってほんと難しいんですね、、
つか、教える前に教わる姿勢を教えねば、、
前半は素直に聞いてくれていたのですが、中盤から教えてる途中で「あ、わかった!わかった!」を連発するうえ無茶苦茶な回答、後半は終始逆切れするもんだからタチが悪い悪い
最後は机の上の120円を持ち逃げし、自動販売機直前で嫁に捕獲されておりました

あんなバカ知らね、、
[PR]
by yorupe | 2007-03-29 21:14 | Θ 何気ない日々

ルパン現る

本日午後2時頃
支店の事務所にて20世紀少年を読もうと後輩の机の引出しを開けたところ‥

空っぽ

私も後輩も、私物はいつも決まった場所に直しております
たしか、昨日の夕方は彼の机の引出しに入っていたのは間違いない
つか、人の机の中を勝手に開けるなんて言語道断。とお思いでしょうが、そんなアットホームな会社なんですよ、ええ
例えるなら、トイレにたった時、携帯電話を机の上に忘れていこうもんなら‥
メールチェック(履歴)、で、アドレス開けて楽しそうな名前のとこに送信する

アットホームな会社です。


で、話のつづき
後輩の机を全部調べ、先輩方の机も全部調べ、私の机も全部調べました

3月29日 午後2時20分
20世紀少年、1巻~15巻の紛失を確認

つか、年明けから数え3,4回こんな事がありました




‥‥。




お、おのれぃルパン、、
頼むから前回盗った俺の本だけは返してちょーだい、、
お、俺のだけは、、、 ゲフ
[PR]
by yorupe | 2007-03-29 18:26 | Θ 何気ない日々

DRAGON BALL online

c0071040_17545612.jpg
すごく楽しそうなゲームです
ドラゴンボール オンライン (PC用ソフト)
お隣の韓国では今年の夏からサービスが開始されるらしいです
残念ながら日本でのサービス開始は「2008年予定」とだけ発表されています
少し先の話ですが、今から楽しみです

c0071040_1803172.jpg
舞台は原作から200年後の世界
この世界では、孫悟空やピッコロなどは「伝説の超戦士」となっているようですが、上記写真のような競演も可能だとか
つか、悟空の後ろに見えるのカリン塔か??

いやいや、なかなかおもしろそうでねか
[PR]
by yorupe | 2007-03-28 18:06 | Θ ゲーム

20th Century Boy

c0071040_20404041.jpg
前々から浦沢直樹さんの作品をぜひ一度読んでみたいと思っていたのですが、どういう訳か書店で購入する漫画はいつもちがう本ばかり
そのくせ大抵なにを買おうか悩みながら店内を徘徊してる現実
つか、本でも服でも‥ まぁすべてにおいてですが、私は物を選ぶ時間が人よりかなり長めなんです
情けないかな、優柔不断ってやつですね


で、先日会社の後輩が買ってきた本がこちらでした
20世紀少年
人気があるのは知ってましたが、読んでみてなるほど納得
恐らく、これまで読んだ漫画の中で一番おもしろいと感じた作品です

6,7年前に単行本の第一巻が発売されたようですので、漫画が好きな方はきっと読んだことはあるでしょうね
まだの方はぜひ一度おためしあれ





c0071040_21153691.jpg
ちなみに現在11巻を読んでいるところです
"ともだち"の友人"サダキヨ"の登場で、話が急激にテンポアップしてるところです
つか、いいかげん"ともだち"の正体が誰なのか非常に気になりますね、、
あとケンヂとマルオの生死もかなり気になる、、
ネットで調べりゃ一発なのでしょうが、楽しみが半減するのでタブーです


うーーん、おもろい本に出会ってしまった
いやほんと生きててよかった
[PR]
by yorupe | 2007-03-27 21:28 | Θ 読書

2007 3 26

c0071040_11125836.jpg

君の成長は嬉しくもあり、寂しくもあり
紙吹雪の下、桜の門をくぐる君の小さな背中は無限の可能性に溢れており、誇らしく、なんだか羨ましい

これから先、数々の苦難があると思いますが共に乗り超え生きていきましょう
疲れたら休みまた歩く
そんな作業を繰り返しながら少しずつでも進んでいけたらいいと思います

親と子
どこまで解り合えるか分かりませんが、それでも私は理解します
迷ったら恐れず振りかえってみて下さい
僕はいつだってそこにいるからね



卒園おめでとう
[PR]
by yorupe | 2007-03-26 11:12 | Θ 何気ない日々

亀田場所

c0071040_21513581.jpg
おめでとうございます

やはり本来の階級だけあって安定した強さでしたね
最終ラウンドまできっちり足も使えてましたし、KOこそなかったものの誰が見ても今夜の試合は楽しめたのではないでしょうか
それにしても、正直亀田選手があんなに「左」が上手いとは知りませんでした
特に跳びこみ際の肩口から真直ぐ伸びる左ストレートと、同じく左のオーバーハング気味の打ち下ろしが正確に相手選手の急所を捕らえており、とても驚きました

彼の打ち下ろしを見ていると、ダニエル・サラゴサというテクニシャンな選手を思い出します
96年、辰吉がスーパーバンダム級のベルト奪取に挑戦した際のチャンピオンがこのサラゴサ
1R開始のゴングと同時に、挑戦者辰吉が王者サラゴサに手を合わせにいったその時です
「ガツン」 と背中越しからでる強烈な打ち下ろし
もちろん辰吉には見えているわけもなく、思わずダウン寸前
開始2秒の出来事でした
結果、辰吉の判定負け
辰吉自身も後に「あのパンチで熱くなった」と語っていたのを記憶しております

とまぁ、自己チューな余談です




兎にも角にも、亀田の次戦が楽しみですね
疑惑の判定とまで言われた昨年のランダエダ戦以降、確実にレベルアップしているようです
屈辱をバネに飛躍する男
そんな野郎は無条件にカックイイ

おめでとう亀田選手
また次回も驚きと感動を
今宵君に感謝
そして今日という日に感謝

あー、俺は今日も生きてるぜ
[PR]
by yorupe | 2007-03-24 22:26 | Θ 格闘技

亀田場所

c0071040_19201641.jpg

階級をフライ級に上げての亀田興毅
やはり本来の階級だけあって今夜は動きがいいですね
[PR]
by yorupe | 2007-03-24 19:20 | Θ 何気ない日々

c0071040_22122659.jpg

散歩の後はものすごい勢いで水を飲み続けます
つか、この舐めると水が出る容器、こいつぁかなり便利ですよね
いったいだれが考案したのでしょう
脱帽です
[PR]
by yorupe | 2007-03-20 22:12 | Θ 何気ない日々