よる記。

yorupe.exblog.jp

管理人

ブログトップ

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

休止

とても寒い家でした
階段を上がって突き当たりにある白い壁の部屋の床に、息子と娘が仰向けに倒れていました

冷えきった小さな体
体温はない
目の前の光景に意識が飛んでしまいそうな自分

ふらつく足で、1階の子供部屋に向かう自分
手すりを持っていないと、階段から落ちてしまいそう

子供部屋にあるワインレッドの大きなクローゼットを開き、子供達にかけてあげる上着をがむしゃらに探す自分
見覚えのある子供達の上着を一枚づつ手に取りながら、思い出が溢れ出す
クローゼットに顔をつっこみ、無力に泣きじゃくる

生まれて初めて神に祈った

夢であってください

何度も何度も祈ったが、目が覚めない現実に絶望し、そして絶叫






気がつくと、全身汗だくになり飛び起きておりました
頭元にある携帯電話を手に取り、開いてみると日付の表示は8月24日
ため息の後に、怒りがこみあげ携帯電話を壁に投げつけた





今月の5日に兄(長男)が自殺しました
これも夢なら神を信じたのに
















しばらくこちらは休憩します
おかんの時とは違い、私自身、まだまだ気持ちの整理がつけれていない状態です
只、自殺というのはあまりにも一方的であり、理不尽でいて、卑怯だなと思う
しかし、死を考える人間にはそんな事考える余裕すらなく、仮に考えたとしても、やはり死を選んだ人間は、現実から消えてしまいたいという衝動には勝てなかったのだろう
兄は何を思い死んだのか
私の心には悔いと苛立ち以外何もありません
[PR]
by yorupe | 2007-08-25 18:20 | Θ 何気ない日々

図書館 DS

c0071040_17492896.jpg

事務所の留守番があまりにも退屈なので買いました
これからやります、てか読みます

収録されている内容は、名作、推理、怪談、文学の4ジャンル、全120作品
これだけ読んで3000円はお得ですね
[PR]
by yorupe | 2007-08-03 17:49 | Θ 何気ない日々

葬儀屋勤務の男の苦悩

葬儀社に勤務している私ですが、最近業務が忙しい忙しい
急に熱くなったので、それの影響かもしれませんが

先輩曰く、
「医者が休暇(夏休み)をとるためにポアし続けている」
とか

ありえん。
こともない?
つか、わからん。

これはどこの葬儀社でも密かにささやかれている噂です。
医者のポア
あぁ怖い怖い
告訴されるのが怖い怖い


葬儀屋の都市伝説でした。






つか、このラッシュのせいで旅行明けの疲れが未だにとれません
情けないことに、凡ミスも連発しております

先日のミーティングでは、
「通夜でのしゃべりがたるんどる。 もっと勉強せんかい」
と、社主から一括いただきました
自分ではしゃべりはある程度問題ないと思っていたので、ショック大でした
しかし、ごもっともな意見です。
たしかに向上心が薄れておりました

最近の携帯電話は色んな機能がついており、その中でもボイスレコーダーは重宝します
先日も通夜において自分が案内している声を録音しましたが、ようやく薄っすらと修正点が見えてきました
まず、第一に話す速度
今までは気づきませんでしたが、ボイスレコーダーで録って客観的に聞いてみると、少し早口で年配の方からすれば聞き取りにくいかもしれません
自分ではけっこうゆっくり話しているつもりだったんですが、ぜんぜんそうではなかったのですね
あと、一語一句確実に発声すること
これも、話す速度の影響だと思いますが、少し早口のため確実に発音できていませんでした

こうして欠点を探していると、ネガティブな私はみるみる凹んできます
現在はそれの第二段階で、自信喪失におちいっております
そして、明日も通夜
うーん、辛い

近頃、通勤もしくは帰宅時の車内ではひたすら携帯電話片手にしゃべりたおしております
録っては聞き、録っては聞きの繰り返し
ゆっくりはっきり発声する
これまで基本ができていなかったので、今になり苦労しております
あー、嫌だ嫌だ
努力家じゃない私にとって、今は辛い日々です
[PR]
by yorupe | 2007-08-01 23:23 | Θ 何気ない日々