よる記。

yorupe.exblog.jp

管理人

ブログトップ

<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夏休み

毎度のことですが、今年も暑い夏ですねぇ‥
このところの奈良県の平均気温は、33℃
ほぼ一日中、クーラーを浴びて生活しているせいか、体のダルさが半端ないです
最近は夜だけでもクーラーの使用を控え、窓を網戸にし扇風機のみで寝るようにしているせいか、徐々にではありますが体のダルさから開放されつつあります


そうそう、
最近の小学生は、夏休み恒例の「朝のラジオ体操」がなくなったのでしょうか?
私が子供の頃は、夏休みともなると早朝から近所の公園で皆ラジオ体操に参加するのが当たり前だったのですが‥

いつの間にかそんな光景など、もう何年も見ていないように思います。


夏休みの宿題に関してもそう。
自分らの時代は、夏休みの宿題といえば、それこそ親の仇のように膨大な量の宿題がありましたよねぇ
もう絶対こんなの無理的な。

毎年、私は夏休みになると、
「担任は自分になにか恨みでもあるのではないか」
と真剣に思ってしまうぐらい、異常な量の宿題でした


が、今はどうでしょう。
うちの子供達がしている夏休みの宿題を見てみると、驚くほど少ない‥

「サマードリル」とかいう、20ページほどの問題集と、ドリル数ページ+漢字数ページ
あとは、習字1枚と、工作1品、絵日記5日分。

その気になれば、うちの子といえど絵日記以外は3日で終わる量。
先日、この宿題に市販のドリルをプラスしたとろこ、アホだボケだのと暴言を浴びせられたうえ、ピコピコハンマーで子供達から殴る蹴るの暴行をうけました

わかる、わかるよその気持ち‥(笑
でも、100均で買った薄いドリル1冊でそこまで怒らんでも‥




夏休みもまだ後1ヶ月ほどありますが、いっぱい遊んでそこそこ勉強してください。








c0071040_17505692.jpg

最近は休みの度に、子供とプールへいくのが恒例となっております
おかげで、背中が日焼けで痛い痛い
やっぱ、ちゃんとオイル塗らなきゃイカンですなぁ‥

ちなみに、子供達には小まめに日焼け止め塗ってますよ。
[PR]
by yorupe | 2008-07-31 17:55 | Θ 何気ない日々

TBS・バースデイ

ただ一言なにが言いたいかと言うと、


今夜TBSにて24:59~放送の「バースデイ」が死ぬほど見たいです。


‥‥。

そして、なにか一言付け加えるとするならば、



関西圏では放送しておりません。




‥‥。




天使のようなあなたからのお便りお待ちしております。(笑






まぁそんなに必死で見たい番組ではありませんが。
そうですね、せいぜいショックでこの歳にして「夜泣き」と「おねしょ」が始まるぐらいです。
つか、始めます。



えっと、‥天使のようなあなた。(笑
オラに幸せをわけてくれーーーー
金なら払うぅぅーーーー  ←※必死



ё TBS 「バースデイ」
[PR]
by yorupe | 2008-07-24 18:32 | Θ 何気ない日々

鼻血

昨晩の話です。

恥ずかしながら、うちの子供達は月に何度か「おねしょ」をします
小学1年の息子と、小学2年の娘です。
本人達もおねしょを治そうとかなり努力しておられますが、なかなか完全には‥。

就寝の際はパンパースなどはつけておらず、布団の下に「おねしょシーツ」たるものを敷いて寝かせてます


昨晩は、お風呂上りにジュースやアイスを食べていたので、これは危ないと思い、可哀想でしたが深夜1時頃に一度子供達をトイレへいかせる為に起こしました
まず息子を抱きかかえたまま、2階の子供部屋から1階のトイレへ‥

放尿させることに難なく成功。
ミッションA終了です。


残すはミッションB。

同じ要領で娘を抱きかかえ、トイレへ直行。
‥が、いざ便座に座らせてもいっこうに放尿の気配なし。

「おしっこしなさ~い‥。」
と耳元で囁くも、首を前後に、カクン、カクン、とさせるだけの娘‥
完全に寝てる‥
それでも根気強く、「おしっこしてくださ~い‥。」と囁き続ける事約3分。

「し、しつこいねん(笑」

と娘が笑いながら言ったと同時に、鼻から鼻血が「ブピュッ!」と飛びました‥。
最初は娘も私も、絶妙のタイミングで鼻血が出たことにウケてたのですが、いやこれがなかなか止まりません。

ドクドク出てくる鼻血の量に、だんだん焦る私と、そんな私の胸中を察した娘。
ティッシュを鼻に詰めても、10秒ほどで真っ赤に染まってしまうので、何度も何度もティッシュを交換する私
とりあえず、娘の「うなじ」をアイスノンで冷やし、高枕で仰向けに寝かせました

すでに5分以上経っているにもかかわらず、一向に止まる気配のない鼻血
恐怖心と闘いながらも、ひたすら娘に「ベホイミ‥。」とつぶやき続ける私

そんな私と「こんな時にふざけるな」と激怒する嫁‥




ふざけるな‥


‥‥‥。


ふざけてなどいないのに‥。



ホイミでもなくべホマでもない。
キアリーでもなくばキアリクでもない。
大量の鼻血に対し、ベホイミという的確な処置(?)をほどこす私になんたる無礼。



‥みたいな。
そら奥さん怒りますわ。





ふざけているのもつかの間、ふと娘の左目を見ると真っ赤に充血しているではないか。

「な、なんで?な、なにこれ??(汗」
と思った次の瞬間、左目から涙腺を伝ってかまさかの出血、、

本気で焦る。
慌てて119番に電話をし、娘の状態を伝える嫁。
とりあえず、車で20分ほどの距離にある小児科を紹介してもらい、まずそちらに電話してなるべく正確な症状を伝えてほしいとの事。


この状況に娘本人も焦りだす。

「びょ、病院いくのいやや! 気合で止めてみせるから10分待って!」
嫁に懇願する娘。



肉体というのはすごいなと思いました。
その言葉を言った直後から、みるみるうちに出血が止まってきました。

精神力、恐るべし。



結局、約10分後にはほぼ完全に出血は止まっており、病院には行かずにすみました。




たかだか鼻血とは言え、なめてはいけません
あの大量の出血には、さすがに私も焦りました。


そんな昨晩の話です。






追伸

鼻血についてネットで色々調べたのですが、チョコレートやピーナッツの食べすぎと、鼻血とはまったく無関係なようです
あと、エロい気持ちになり鼻血が出るというのも、まったくの迷信(笑
鼻血の処置にしても、鼻にティッシュを詰めるのも医学的には良いとは言えないらしく、的確な処置としては、親指と人差し指で小鼻を両端からやや強くつまみ、鼻を圧迫させて止血するという方法がベストなようです。
「ティッシュ」が良くない理由は、赤く染まったティッシュを抜く際に、鼻の粘膜に非常に高い確率で傷がつく恐れがあるため、どうしても止血に時間がかかるという事でした。

後は、うなじへ「トントントン」とする水平チョップはダブー中のダブーらしい。
[PR]
by yorupe | 2008-07-18 17:26 | Θ 何気ない日々
自分も歳のせいか、ここ数年はテレビを見ることが極端に少なくなりました
たまに放送される、ボクシングや格闘技番組以外はほとんど見ることがありません
といっても、部屋でくつろいでいる時にテレビをつけていないわけではありません
夜なんかはNHKをつけて、本を読みながらテレビの音声を聞いている感じです

昨晩もいつものように、風呂上りに本を読みながらNHKを聞いておりましたところ、なにやら興味をひかれるような内容の音声が聞こえてまいりました
気がつくと、いつしか読んでいる本の内容がまったく頭に入らなくなってきており、「本を読みながら」ではなく「本を眺めながら」テレビの音声を聞いている、そんなおかしな状態になっておりました
とりあえず、本に「しおり」の紐を挿みテレビを見ることに。


なにげに聞いていた番組の名前は「スポーツ大陸」
なんか「良さげ」な名前。どストライクっぽい雰囲気にややテンション↑



どんな番組かというと、

毎回あるアスリートに密着し、普段あまり見ることのできないスポーツの舞台裏や、練習風景、選手達が苦悩する姿などをドキュメント形式で紹介していく。

まぁ、そんな番組のようです。



c0071040_18542360.jpg

昨日の主役は、陸上(ハードル)の為末大(ためすえ・だい)選手
私と同年代、30歳のトップアスリートです。

これがまたおっとこまえな選手でした
男前ではありません。「おっとこまえ」。


少し前まで日本でも織田祐二が世界陸上のメインキャスター的な事をして盛り上がっていたようですが、その時は、‥というか今もですが、陸上競技に一切興味などなく見向きもしませんでした
が、昨晩あの番組を通して為末大というアスリートの存在を知ってしまった以上、これからは彼が出場している競技(ハードル)に関心を抱かないわけにはいきません


ガキの頃の記憶で言えば、1985年W杯メキシコ大会・対韓国戦で見た木村和司(元・マリノス)の40mフリーキックに衝撃をうけ、それまでまったく興味がなかったサッカーというスポーツが大好きになった私
結局その試合は敗れはしたものの、幼き少年のハートは初めて見る「木村和司」という得体の知れないおっさん(に見えた)の手によって見事、鷲掴みにされてしまいました

そしてもう一人、忘れてはならない人物。
レパード玉熊というボクシングフライ級の元・世界チャンピオン
私が格闘技というか、ボクシングに興味を持つようになったきっかけがこの選手
初めて彼をテレビで目にしたのは小学生の高学年ぐらいだったろうか
いかにも優男的な顔立ちの青年が、フィリピン系のイカつい選手を圧倒している
ぜんぜん強そうに見えない青年でしたが、実はめちゃめちゃ強い
今思えば、人生初のカルチャーショックだったかもしれない



そしてこの歳になり、まさかの第三の男登場
話が少しそれましたが、それが昨晩見た為末大です(笑


とても魅力的な選手というか、人間でした。
高校の頃からコーチをつけず、一人で戦い続けてきた男
練習プログラムからスケジュール等、すべて自分で考え、陸上競技界においてその名を知らぬものはいないと言えるトップアスリート
彼の印象はとにかくストイックで哲学的
話し方は柔らかいが、不思議な説得力と彼自身の内に秘めた力強さが伝わり、嫉妬しそうになるほど魅力的な男です


番組の中で彼が言った言葉が今でもとても印象に残っております


ハードル選手としてより高みを目指すがゆえ、497日もの間スプリント(短距離)能力向上のためハードルを飛ぶ事を封印
結果、直線距離でのスピードは向上したものの、早く走る為の新フォームでは以前のように華麗にハードルを飛ぶことができず、苦悩する日々
新フォームのまま挑んだ、2007年大阪世界陸上ではまさかの予選敗退


この事をインタビュアーに
「新フォームに変え、後悔はありませんでしたか?」
と聞かれ、彼が言った言葉。



数秒の沈黙の後、
「‥後悔はありません。あのままいっても銅メダルでしたから。僕は日本の一番ではなく、世界の一番になりたいですから。今より速くなるか、遅くなるか、究極の2拓でしたが、僕は現状を打開する為に決断しました。」


文句なしにかっこいいでしょう、こんな男。
チームを持たないので、全て自分で考え、そして決断する。
もちろん、全部己の責任。
逃げ道などどこにもない。


本当にかっこいい男だと心底思う。
なかなかできませんよ、これって。
為末自身も言っておりましたが、とても孤独だと思いますし。
彼は、半端な精神力では生きていけない世界で戦ってるんだなと痛感しました。



そして、先月である6月に行われた日本選手権当日。
数ヶ月前からふくらはぎ、アキレス腱を痛め、ろくな練習や調整もできずにこの日を向える。
予選を通過した8人中、最下位のタイムでなんとか通過。
だれもが為末は終わったと思っていただろう。
しかし、試合会場の中で彼の勝利を確信していた人物が一人だけいたという。


驚くことに、彼自身である。


コンディションは最悪。
タイムは最低。
優勝など絶望的。

にもかかわらず、決勝のスタートラインに立った彼の脳裏にあったものは、自分でも不思議なほど勝利への確かな自信。
彼自身もあのような心境は初の経験だったという。
これが俗にいう「ゾーン」というものなのだろうか??

結果、なんと彼は優勝。
だれもが予想しなかった快挙。
これにより、北京行き確定。
なんなんでしょう、この男、、、



えっと‥
しつこいようですが、やっぱ為末かっこいいです、、







次回の再放送は、
7月13日(日) BS1にて午後4時10分~5時00分
スポーツ大陸
「考え尽くした道を走る ~ハードル 為末大~」



私はスーパーファインモードで録画しておきます。
興味がある人は見ましょう。
見て損はなし。です。




ё 侍ハードラー 為末大オフィシャルサイト
ё スポーツ大陸 番組HP
[PR]
by yorupe | 2008-07-12 18:52 | Θ スポーツ(野球・サッカー)
昨日の2008・K-1MAX・FINL8は素直に感動しました


c0071040_213556100.jpg
そう、「佐藤嘉洋VSブアカーオ」戦です
MAXでは歴代ベスト3に入るベストバウトでした

佐藤は、ブアカーオとの戦績は過去2戦2敗(内1回KO負け)
過去の内容から判断しても、ブアカーオとの相性は極めてよくないと思っておりました
昨日は試合前から、当然ブアカーオの貫禄勝ちだろうと思っておりました

いざ試合が始まってみても、想像していたような試合展開
1Rからブアカーオが積極的に前に出ており、このラウンドは完全にブアカーオペース
2R開始直後もブアカーオは変わらず、やや強引とも見えるほど前に出てプレッシャーをかけながら試合を進めておりましたが、このラウンドの中盤あたりから佐藤のショートアッパーがブアカーオの顔面を的確に捕らえておりました
ブアカーオファンの私は、少し心配な感じはありましたが、この時点ではまぁ大丈夫だろうと楽観的に試合を見ておりました
当然、このままいけばブアカーオの勝利は間違いないだろうと‥

運命のファイナルラウンド。
開始早々から、積極的に打ち合う両者
そして次の瞬間‥
ブアカーオの一瞬の隙をつき、佐藤の膝蹴りがブアカーオのボディーにクリーンヒット
カウンター気味に入った佐藤の膝蹴りで、ブアカーオの動きが鈍くなったのは誰の目にも明らかでした
一瞬でしたが、ブアカーオの動きは止まってしまい、ただならぬ危険を感じたであろうブアカーオが反撃を試みるも、佐藤は冷静でした。
佐藤にしてみれば、過去の試合を含め3戦中最大のチャンス到来

ブアカーオをパンチと膝で追い込み、最後はガードの下がったところに渾身の右フック
初めて見るブアカーオがリングに沈む姿はとてもショッキングな映像であり、私の脳裏に今もなお焼きついております
そして、このK-1MAX最大の偉業を成し遂げた佐藤を文句なしに凄いと思いました

昨日は、まさかの結末に半ば放心状態になってしまいました
それと同時に、あんなすごい試合を見れて素直に嬉しかったです
佐藤、ブアカーオ両選手に感謝。

佐藤選手に心よりおめでとう、そしてお疲れ様と言いたい。
次回、10月の準決勝で念願だった魔裟斗との対戦が確定している佐藤
間違いなく私は佐藤選手を応援することでしょう
ここまでいったら彼には登るところまで登ってほしいです
夢にまでみたあの頂上が、今の彼の目にはしっかりと見えていることでしょう


c0071040_21362768.jpg

がんばれ。
死ぬ気でがんばれ。
ブアカーオ戦を終えた今、応援してくれる人が沢山増えたと思います。
恐れるものなどなにもない。
家族のため、恩人のため、応援してくれる全ての人のため‥
そんなめんどくさいことは考えず、ただ己のためだけに夢をその手に掴んでください。
[PR]
by yorupe | 2008-07-08 21:38 | Θ 格闘技

c0071040_16322166.jpg

今日の仕事はジャガイモ掘りでした
最近の葬儀屋さんはなんでもやります
[PR]
by yorupe | 2008-07-03 16:32 | Θ 何気ない日々

DoCoMo→SoftBank

c0071040_16433189.jpg

[写真で五七五]

幼少期
あだ名は「アホ」で
鉄板だ


メアド変わりました
yorupe








つい先日、携帯電話をDoCoMoからSoftBankに変えました
上記のメールをアドレスから皆に一斉送信しました
ちなみにこの時、たまたま私の前を走っていたのがこの車
奇跡の出会いです(笑
[PR]
by yorupe | 2008-07-01 16:43 | Θ 何気ない日々