よる記。

yorupe.exblog.jp

管理人

ブログトップ

<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

腹筋ローラー

c0071040_2338949.jpg

禁煙から、はや2ヶ月
こりゃひょっとすると、ひょっとして成功か?

はい、多分成功です
さらばニコチン
お世話になりました
君のことは忘れないよ


てな感じで、煙草を吸わなくなってからとゆーもの、一回の食事の量が増え、53kgだった体重が現在4.5kg増しの57,5kg

体重・体型維持の目的もあり、朝と夜の1日2回、ランニングと筋トレをしておりますが、最近はこの腹筋ローラーがお気に入り

腹筋の上部(みぞおちのあたり)から、おへそ、下腹部へと、ナチュラルな負荷がかかり、かなりいいかも
ただ無理をすると、背筋を痛めますのでお気をつけください

うちの子達も、こいつを使い、遊び感覚で腹筋を鍛えておるようです

ちなみにこいつは、近所のディスカウントショップで480円でした
筋トレやエクササイズに興味がある方は、ぜひ一度お近くのディスカウントショップへいく事をおすすめいたします

けっこうどの店も、この手の商品はお手頃価格で品揃えが充実しております
[PR]
by yorupe | 2009-07-31 23:38 | Θ 何気ない日々

愛車

c0071040_11232634.jpg

先日、うちの子供達からいただきました
おばあちゃんちの倉庫の奥に眠っていた自転車を娘がもらいうけ、それを弟と2人でピカピカに磨きあげ、私にプレゼントくれました
ベルのところに付けてくれたリボンは、これからもそのままにしておこう
[PR]
by yorupe | 2009-07-30 11:23 | Θ 何気ない日々

お習字

c0071040_19432338.jpg

夏休み恒例のお習字大会
優勝は、奥さんの書「ふれあい」です

これで優勝かよと思うでしょうが、私が筆を持つと‥ ほんとひどいんです
[PR]
by yorupe | 2009-07-28 19:47 | Θ 何気ない日々
c0071040_20214299.jpg

8月2日(日本時間)にカリフォルニアで行われるはずだった、Affliction:TRILOGYが開催中止になった、、、
ふざけんなよ、バカ‥

スカパーのPPVで見れるはずだったので、かなり楽しみにしてたのに、、(怒
しかも、メインがヒョードルとジョシュ‥
ヒョードルのちゃんとした試合って、最後に見たのいつだろう‥

多分、2006年大晦日のマーク・ハント戦
翌年の大晦日でもチェ・ホンマンと対戦しておりましたが、あんなのはヒョードルの試合とは到底言えない
まぁ、そんな事を言い出せば、2006年のマーク・ハント戦だってそうなるなぁ‥

じゃぁ、最後に見たヒョードルの試合となると、PRIDE.32(2006)のコールマン戦?
もしくは、2005年に行われたミルコ戦になる‥


どちらにしろ、「60億分の1」の男の試合を久しく私は見ていない
あぁ、これはかなりショックです‥
DREAMのHPでこの記事を見たとき、絶叫と共にひっくり返ってしまいました‥


うぅ‥、格闘技の神さんのアホんだら‥
つか、主催者側は即座に日本のファンに向け、それ相応の理由を述べよ、、
[PR]
by yorupe | 2009-07-27 20:49 | Θ 格闘技
c0071040_11313622.jpg

先日、懇願しておりました「バースディ / 佐々木アーセン」のDVD
ある方のご好意により、さきほど見ることができました

つか、アーセン君と彼のファミリーにえらく感動
予想通り、熱く、そして強い絆で繋がれた一家だ‥。


アーセン、ぜったいメダル獲れよなおまえ
彼は現在12歳
母・美憂、叔母・聖子がそうだったように、彼がオリンピックを目指し、がむしゃらに挑戦していくかぎり、これから少しずつではあるが、メディアに登場することとなるだろう
いつの日か、日の丸をつけ、胸をはり凛と立つアーセンを私は見てみたい

ほんと、すごいBOYです、彼。
叔父・KIDとはまた一味違った、人をひきつける不思議な魅力もありますので、将来がほんと楽しみ



「自分の夢はメダルだけっスから」

そう語るアーセンの目は、とても純粋で、力強く、12歳とは思えぬほど揺るがぬ決意を秘めた目をしておりました






今この時期の彼の映像を見ることができ、ほんとうに、本当によかったです。
見ず知らずのあなたへ、ただ感謝、‥感謝
ありがとうございます
[PR]
by yorupe | 2009-07-27 11:55 | Θ 何気ない日々

DQⅨ

c0071040_10562375.jpg

やっとこさラスボス


あぁ、ながかった…
と思いきや、ここからドラクエ恒例になっております、クリア後のやりこみ要素が盛りだくさんのようです
[PR]
by yorupe | 2009-07-23 10:56 | Θ 何気ない日々

K-1MAX、長谷川V9、DREAM10

いつ書いてやろうか、いつ書いてやろうかと思っておりましたが‥
なにがって、そう、あれですよ、あれ


そう、7月は格闘技が熱かったです
K-1MAX GP、長谷川穂積V9戦、そして、今週月曜日に行われたDREAM10


MAXでは、総合勢が全敗
HIROYAと戦ったキコ・ロペスと、KRAZY BEEの山本篤、山本KID


山本篤は応援していただけにほんと残念でした
まさか、あんな形で完敗するとは‥
KIDも同じく、まさかの失神KO負け
マイク・ザンビディスにKO負けした時とは比べられないくらいショックだろうな、今回は‥。

つか、チョン・ジェヒもよくまあ、あんなきれいに入れれましたね、、
右アッパーだけなら、まだ深刻なダメージではなかったと思うんですが、返しの左フックが、見事にクリーンヒットしてました
まさに、教科書通りのコンビネーション とでも言うのでしょうか
あれは、見事でした、はい
すごかったです。 拍手!


あとおもしろかったのは、やはりなんと言ってもこのカード
アルトゥール・キシェンコ VS アンディ・サワー

前々から書いてますが、キシェンコはかなりお気に入りの選手です。
が、善戦こそしましたが、サワーに一歩及ばず残念ながら延長ラウンドでの判定負け
最後は完全にサワーの完勝でした
キシェンコ、サワーの倍ぐらい手数出してたせいか、最後の延長Rはガス欠気味でした、、
さすがサワーと言ったところでしょうか。
ただ強いだけではなく、巧く、そして賢い。



MAXのメインは、魔裟斗VS川尻
川尻は武士道(PRIDE)からしか見ておりませんが、けっこう好きな選手です
「巧い」とか「強い」というイメージは非常に薄いですが、なぜか応援したくなる、私の中では珍しい部類の選手
対する魔裟斗は、やはり実力はMr.MAX。
もう、強い強い。

それだけに、昨年の佐藤嘉洋とのGPでの一戦は、なぜか今でも心の片隅にひっかかっております。
年末の引退マッチは、佐藤といっちょやっていただきたい‥ というのが、私の切なる願い。
あのGPでの魔裟斗は、心も体も間違いなく、過去最強に、魔裟斗史上最高に強かった
特に、心の部分が本当に素晴らしく、キシェンコとの決勝戦は思わず目頭が熱くなりました
ほんとすごかった
格闘技って素晴らしいと心底思いました

そんな、誰もが認めている選手の引退までのラスト2試合という、大事な試合の1試合をなぜに川尻??
べつに川尻選手に文句言っているのではなく、なぜ総合の選手なんだと、かなり腹がたってました

だれもが納得できる形を見せてほしかった
魔裟斗の意見と主催者側の意見、いったいどちらが優先されるのか私にはまったくわかりませんが、総合の、しかもなんの因果もない選手との対戦など、誰が望むのでしょうか

この二人の対戦には、正直興味がありません というか、納得できなかったのであえて試合は見ませんでした
結果がどうとか、それ以前の問題のように思えたから。




というのが、MAXの感想。
暑苦しいでしょう?(笑









長谷川穂積9度目の防衛戦は、恐ろしく強かったです。
なんなんでしょう、あのボクサーは、、
「天才」という言葉は、長谷川に対し失礼だと思いますが、それでもそう言わざるをえない素晴らしい選手
試合開始のゴングが鳴った瞬間から、すでにトップギアに近い回転の速さと、詰め所の巧さに鳥肌全快
相手選手も、相当研究と練習を重ねてきたわけですから、2,3日寝れないぐらい悔しい思いでしょう
相手の良い所を一切出させず、あっという間に1RでのKO防衛

圧巻でした。


2階級制覇が夢などではなく、彼の目には確実に見えているのでしょうね



ちなみに後輩の栗生
フェザー級チャンピオンとしての初防衛戦
見ていて歯がゆかった
久々じゃないでしょうか、あんなに見ていてストレスが溜まったのは

4Rごとの公開採点なので、8Rが終わった時点で栗生の敗戦はかなり濃厚でした
にも関わらず、同じ調子でカウンター狙いの一点張り
玄人うけすると言われればそれまでですが、素人の私から言えばあんなの見ていておもしろくないし、感動などなにも生まれない
かなりキツイく、無礼な言い方ですが、それでも胸くそ悪いとしか言いようがない。


すいません、素直なんで。








最後は、DREAM
これは、地上波では放送していなかったんですかね?
私は、つい先ほどYou Tubeで見ました

まず、桜井マッハ VS マリウス・ザロムスキー
この試合のマッハの敗戦より、前日の軽量での1kgオーバーのほうがショックでした
マッハほどの選手が、軽量オーバー?
ありえない‥。
マッハは、過去にもこういった事があるのだろうか??
どちらにせよ、うーん‥ 失望かも。
本人は別に、「最終的にパスできたんだからいーじゃん」と思っていることでしょう
が、対戦する相手選手や、マッハの試合を楽しみにしているファンに対してちょっと失礼ではないかい?

あれで、キッチリ勝ってたら誰も文句言わないというか、言えないでしょうが、KO負けとなると‥
まぁ、誰よりマッハ自身が百も承知でしょうから、ここであーだこーだ言ってもしかたないですね
まぁ、ようするに、マッハらしいと言えば、それまでなんですけど。

うーん‥なんか微妙。


それより、マッハ相手にKO勝ちしてみせた、マリウス・ザロムスキー(リトアニア)
DREAM8で、池本との試合でもそうでしたが、とりあえずめちゃくちゃ。
にもかかわらず、タフで力強い、変則的でクセのあるいけいけシューター

池本、マッハ、そして決勝でのジェイソン・ハイと、三人との試合を見ましたが、どの選手とも一見すると非常に噛み合っておりますが、それがこの選手の恐ろしいところ。
蹴りにせよ、パンチにせよ、出すタイミング、タイミングがほんと変則的。
どの選手も自分の間合いというのをある程度もってますが、彼にいたってはその場のノリで出入りしてるようにしか思えない。
しかし、言い換えると、それこそが全局面的であり、格闘技の間合いにおいて理想の形のひとつなのかもしれないなと、しみじみ思いました

圧巻は、ハイキック
マッハを葬った左ハイとジェイソンの意識を断ち切った右ハイ
どちらも、それにいたる複線は酷似しており、

前者は、右スト→左スト→左ハイ (→パウンド)
後者は、左スト→右スト→右ハイ

どちらもフィニッシュのハイキックにいたる前に、蹴り足と同じ方の腕でのパンチ
左ストレート→左ハイキック
右ストレート→右ハイキック
みたいな。

ジェイソンにいたっては、右スト、右ハイの返しにもう一発とどめの右ストレートまで下アゴに叩きこんでる。
見事なまでの変則的な右のトリプル
マッハもジェイソンも、あのハイキックは絶対見えてなかった事でしょう
つか、パンチ後のハイキックが首筋に到達するまでのスピードが速い

パン、パン!
と言うより、パパン!

うん、これ分かりやす。




あー、すごいもん見れた。
幸せ‥。




この2試合もすごかったですが、やはり、今回のベストバウトは、
メルビン・マヌーフ VS パウロ・フィリオ

パウロ・フィリオ、久々に見た!
うま強い!

完全なメルビンペースだったのに、パウロの肩固め的なタックルでテイクダウン取ったと思ったら‥
すでにマウント確保してて、、
あれよあれよと言う間に、パウロ得意の腕ひしぎ
タックルからの展開がかなり速かったです
メルビンのちょっとした油断で、こうも結果が分かれるとは‥
これぞ格闘技という試合でした
パウロも、メルビンの鬼ラッシュでグロッキー2歩手前ぐらいまで追い込まれていたように見えたのですが、やはりメンタルの強さというのは大事なんですね



絶対に折れたらあかん。


こういうのは関西弁のほうが力強いですねぇ、なんか(笑


パウロ・フィリオ
勝利の瞬間、モニターの前で大拍手しました
素晴らしい!ブラボー、ヤー!!










という、熱い熱い格闘技の回でした。
[PR]
by yorupe | 2009-07-22 22:24 | Θ 格闘技

治療中

c0071040_170351.jpg

・気泡治療(足湯) 10分
・電気治療 10分
・オイルマッサージ 10分

毎日めんどくさいですが、自業自得なので仕方ないです
運動中、身体に異変を感じたら即ストップしてください
「これぐらい大丈夫、大丈夫(笑」と調子にのってると、こんな目にあいますよ
[PR]
by yorupe | 2009-07-12 17:00 | Θ 何気ない日々

c0071040_20252194.jpg

日増しに足が痛むのが気になり、近所の病院にいって診察してもらったところ、見事に靭帯がのびてました
どうりで歩き辛いわけです

つか、自転車の後ろに娘を乗せて帰ろうとしたところ、「あんた靭帯ナメんなよ」ばりに院長先生に怒られました

おー、こわ
[PR]
by yorupe | 2009-07-09 20:25 | Θ 何気ない日々

禁煙中

c0071040_22591135.jpg

禁煙を始めてから、今日で早くも2週間
MINTIAでなんとか乗りきっております


普通に禁煙してもうまくいきそうにないので、3週間ほど前から夕食前にランニングを始めました
近所にある、一周400mのグラウンドを10周
始めて3日目までは、5周でバテバテになり、情けない事に休憩しながらでしか完走できませんでした
この時点では、まだタバコをスパスパ吸っておりましたが(日/約40本)、ランニングを始めて1週間後に禁煙開始

やはり、この歳になり体力の低下を身に沁みて感じた事が少々ショックでした
仕事は葬祭業ですのであまり体も使いませんし、日頃からこれといってスポーツや運動などしておりませんし…
この先、体力が低下する事があっても、維持、もしくは向上することは絶対ありません

うーん、こりゃいかん。
と案の定痛感し、今回の禁煙へといたりました

走るために禁煙するのではなく、禁煙するために走る

どちらも同じ意味でしょうが、やってみると前者と後者では大きく違いました


最近はランニングも楽しめるようになり、ようやくノンストップで15周は走れるようになってきました


雨の日でも、残業終わりでも、調子にのって毎日走っていたせいか、3日前から足首から踵(かかと)にかけて体重をかけると激痛がはしるようになり、階段もまともに降りれない始末




人生の鉄則である、「調子に乗らない」はやはり鉄板のようでした
[PR]
by yorupe | 2009-07-07 22:59 | Θ 何気ない日々