よる記。

yorupe.exblog.jp

管理人

ブログトップ

ふすまと隅とジンクスと仮説。

さきほど送られてきた奥さんからのメール



タイトル:今日は

本文  :残業ですか?
   それと尋ねますが、昨日おねぇちゃんの部屋の奥の上のふすま開けました?





ええ、残業です。
つか、奥さんからの奇妙な質問だと思うでしょうが、私もこれについてちと思い当たる節が‥
奥さんからのこの質問に、少々嫌な感じ。




我が家の二階には、六畳の和室が二部屋ございます
階段を上がるとすぐに、二つの部屋のドアが向かい合わせで並んでおります


北側の部屋が娘の部屋
南側の部屋が息子の部屋




夜寝るときは、息子の部屋で家族全員の布団を敷いて寝ております




この家に引っ越してきてかれこれ‥ 三年かな?
初めの一年ほどは、夜は娘の部屋でみんなで寝ておりました

が、湿気が凄いので、息子の部屋に移ることに。
それからというもの、娘の部屋には掃除以外では、本人以外ほとんど入る事はありません






で、本題であるメールのつづき。










娘の部屋には、押入れが二つあります

ひとつは、ドア開けるとすぐ隣に幅80cm、高さ170cmの布団収納に使っている押入れ
で、その隣にもうひとつ、幅160cm、高さ170cmほどの衣類などの収納に使っている押入れ
この二つの押入れの上部にはさらに、各同じ幅で高さが40cmほどの小さな引き戸式の収納が付いております





奥さんの言う「奥の上のふすま」とは、幅広の押入れの上に付いてる収納の事だろう
正直、前々から私も気になっておりました


なぜかふと見ると、3cmほどの隙間が開いてるあのふすま



昔からなぜか部屋の四隅(上部)に対し、あまりいい気がしないのは私だけなのでしょうか
そのせいだろうか、何気ない日常の中でも無意識に四隅を警戒しているのでしょう


ふとした瞬間に見上げた部屋の隅
よく見ると収納のふすまがまた少し開いている





‥‥‥。






さてさて、どうしたもんだろう。














そして私はある仮説をたててみました




うちの社員さん達の間のジンクスで、「寝台車を洗うと仕事が入る」というのがあります。
これは、ええ、なぜかそうなんです。

※(仕事=お葬式)


が、正確に言うとそんな訳がないんです。
しかし、その印象が強いのは事実。





もうひとつ、一般的によく耳にするジンクス

「洗車した時に限って雨が降る」


これもそう言われればそうかもしれませんよね
が、残念ながら事実無根。




このふたつのジンクスに対し言える事はただひとつ。


それは、まったくの偶然であるという事。







「ほらまた仕事が入った」
「ほらまた雨が降った」






結論。

私達は常日頃、ジンクスというものを無意識のうちに意識しており、偶然でた都合のいい結果、もしくは印象に残る「ほらみろ」的な結果のみを記憶に留めるがゆえ、「ジンクス」というものが生まれるのでは‥。

ふすまの一件にしても同じ事が言えるのではないだろうか。

掃除の時、娘を呼びに部屋に入ると時など、異常がないか無意識に見渡す部屋の状況に、100回に1回あるかないかの確率のものを、さぞ毎回開いているかのような印象に捉えているのではないだろうか。



いや、そうに違いない。
うんうん。




これにて一件落着。










早速、奥さんに電話したところ、


「あー、はいはいはい。そう言われればそうやなそうやな。」


と、気持ち悪いくらい素直に納得されました。







おかしい。
と違和感を感じた次の瞬間、




「ということで、yoru君の布団、あの部屋に敷いとくわ。じっちゃんの名にかけて。」






‥お、おーーーい
‥あのー
‥仮説ですよー(泣









今夜はアジシオ握りしめて寝ます。
[PR]
by yorupe | 2010-01-31 19:24 | Θ 何気ない日々