人気ブログランキング |

よる記。

yorupe.exblog.jp

管理人

ブログトップ

「犯人に告ぐ」

c0071040_1710060.jpg
「犯人に告ぐ」 ・監督/瀧本智行  ・主演/豊川悦司/石橋凌/松田美由紀

DVDですが、ようやく見れました。
原作は、推理作家の雫井脩介(しずくい しゅうすけ)氏
以前話題というか騒動になった?沢尻エリカ主演映画、クローズド・ノートの著者です
今回の「犯人に告ぐ」もクローズド・ノートと同じく、雫井氏の小説を元に映画化された作品です

この映画の原作となった小説は読んだことがなかったのですが、以前、車から流れてくるラジオを聴いていた時に、この映画のあらすじを浜村淳さんが解説しており興味を持ちました
さすが「関西ラジオ界の重鎮」と言ったところでしょうか
巧みな話術と丁寧な解説で、すっかりまだ見ぬこの映画の虜になってしまいました
まさに「ありがとう浜村淳」です
つか、関西の方にしかわからない言い回しですね(笑



さて本題であるこの映画の話ですが、慎重に書かないとネタバレになってしまうおそれがあるので、非常に難しい‥
ネタバレをできるだけ最小限に抑え、映画のあらすじを書いてみますね



過去に幼児誘拐事件を担当し、心に大きな傷を負ってしまった刑事・巻島(豊川悦司)
この事件がきっかけで、巻島は都会を離れ表舞台から遠ざかる日々が続く
しかし事件から6年後、神奈川で二人の子供が犠牲となる幼児連続殺人事件が発生
犯人の卑劣な犯行を、ニュース番組で痛烈に批判する女性キャスター
数日後、この女性キャスター宛てに犯人からと思われる手紙が届く
犯人は自らを「BAD MAN」と名乗り、次は女性キャスターの子供を殺してやると脅迫
脅迫文の最後には、自分が幼児連続殺人事件の犯人だと証明する為に、3人目の犠牲者となる幼児をある山中に放置したと書かれており、犯人が供述した場所を調査した警察は山中で無残に横たわる幼児の遺体を発見
警察は威信をかけ連日に亘り大規模な捜査を繰り返すも、犯人がそれをあざ笑うかのような進展のない日々が続く
腑甲斐無い警察の捜査に対し、マスコミや世間から痛烈に批判され、打つ手のない県警上層部は、起死回生を求めある行動にでる
「メディアを通じ、世間に目撃情報を呼びかける」
メディアを前例のない捜査をするにあたり、事件の捜査責任者選びに悩む県警上層部
そこで上層部の目に留まったのが、6年前、足柄署に「左遷」したはずの巻島捜査官
巻島は、6年前の被害者家族に対する酬いと、卑劣な殺人犯を許せないという強い思いで、この難解な事件を担当する依頼を受託
メディアを通じ、巻島と犯人との心理戦が繰り広げられる


少し長くなりましたが、ストーリーはこんな感じです。
劇中で、巻島が犯人につきつける有名な言葉

「お前はもう逃げられない。犯人よ、今夜は震えて眠れ。」


これは久々に鳥肌でました。
活字で見ると、刑事物としては非常に臭い台詞かもしれません
この難しい台詞を、ああも見事に言えた豊川悦司の凄さに心底驚きました
短い台詞ではありましたが、これはとても重要なシーンでした
これまで、豊川悦司が出演している作品であまり印象に残っている映画はありませんでしたが、今回の「犯人に告ぐ」はきっといつまでも忘れないでしょう
「役者・豊川悦司」の演技力が大きく映画の命運を左右したといっても過言ではない、そんな印象深い作品でした


この映画は自信を持っておすすめします。
「犯人に告ぐ」、私的にはとても良い映画でした。



Θ 犯人に告ぐ (公式サイト)
by yorupe | 2008-04-13 19:36 | Θ 映画・DVD